JR倉敷駅より徒歩5分〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2-8-1 倉敷会館ビル2F

TEL 086-422-4410

お問い合わせ

TEL CONTACT

治療例

ひとくちに歯並びが悪いといっても、色々な歯並びがあります。意外と自分では気づいていない場合も多いので、歯並びが気になっている方も、そうでない方も一度チェックしてみましょう。矯正治療は重度の歯周病でない限り年齢制限なく治療できますが、お子様のうちに咬み合わせに異常があると、成長発育に影響をおよぼしますので、早期治療が有効です。

症例一覧

注:当院のホームページにおける症例写真はすべて実際に当院で治療した症例であり、患者の皆様の協力の下に承諾を得て掲載せていただいております。

出っ歯(上顎前突(じょうがくぜんとつ))

出っ歯(上顎前突じょうがくぜんとつ)

一般に上の前歯が出ている症例のことを指しますが、下顎が後に下がっている場合や、奥歯の咬み合せは上顎前突(じょうがくぜんとつ)なのに前歯がでこぼこで、引っ込んでいる場合などさまざまです。

症例

受け口(下顎前突(かがくぜんとつ))

受け口(下顎前突かがくぜんとつ)

咬み合わせたときに下の前歯が上の前歯より前に出てしまう咬み合せのことです。子どものうちから部分的にでも逆咬みになってしまっていると、成長につれて悪化したり、顎の成長が変形したりする場合がありますので、早期の治療が重要です。

症例

でこぼこの歯並び(叢生(そうせい))

でこぼこの歯並び(叢生そうせい)&永久歯が生える隙間がない

顎と歯の大きさのバランスが悪く、歯が生える隙間が足らないと歯はでこぼこにはえてしまいます。でこぼこが少ない場合や、成長期などまだ顎の骨が柔らかいうちならば、歯を抜かずに治療することも可能です。

症例

前歯が咬み合わない(開咬(かいこう))

前歯が咬み合わない(開咬かいこう)

奥歯でしっかり咬み合わせても前歯が咬み合わない症例です。小さい頃の指しゃぶりや舌の癖(飲み込む時や安静時の舌の位置)が主な原因です。

症例

顎変形症(がくへんけいしょう)

顎変形症

顎や顔の骨格的な変形が大きく、矯正治療のみでは治療が難しいと診断される症例を顎変形症と呼び、矯正治療に顎や顔の骨の手術を併用して治療を行います。治療後は歯並びだけでなく、顔貌にも改善が見られます。当院では保険適応で治療が可能です。

症例

子どもの矯正

永久歯が生えそろう前の子どもの顎はまだ骨組みも柔らかく、この時期に矯正治療を行うことで、永久歯列では不可能な顎の成長を促すことができます。夜間に使用する取り外しのマウスピースのみで歯を抜かずに治療することも可能です。

出っ歯(上顎前突(じょうがくぜんとつ))

<症例1>

10歳の男の子です。 上顎前突 じょうがくぜんとつ です。咬み込みが強く下顎の成長が奥に押し込められています。プラス歯が生える隙間が足らず前歯がでこぼこになっています。上下の前歯4本ずつと一番奥の歯が永久歯です。
EOAを毎日睡眠時にのみ使用しました。前歯のでこぼこも改善し、下顎の成長もしっかり促されて上顎の前突感もよくなってきました。
今後は犬歯(中央から3番目)の生え変わりもスペースが足らないのと、上下の歯の中心が合っておらず、下顎がやや右にずれた咬み合わせになっているので、もう少し治療を継続中です。

治療前 Before
上顎前突
治療後 After
上顎前突

治療期間:1年 非抜歯
治療装置: 筋機能矯正装置(EOA)

<症例2>

12歳の男の子でした。取り外し式の装置を毎晩寝る時に使ってもらいました。歯はすべて永久歯に生え変わっていましたが、まだ成長期だったこともあり、とてもよい咬み合せになりました。

治療前 Before
上顎前突
治療後 After
上顎前突

治療期間:8ヶ月 非抜歯
治療装置: 筋機能矯正装置(FKO)

受け口(下顎前突(かがくぜんとつ))

<症例1>

上の前歯がやや内側に生えてきてしまったため、正常な位置で咬み合うことができず、下顎を前に出して咬む癖が固定化して 下顎前突 かがくぜんとつ になっています。取り外し式の機能的矯正装置(EOA)を寝る時に使ってもらいました。上の前歯を前に出してそろえ、上顎自体の幅も広げていますので2番目の前歯もきれいに生えてきました。永久歯がすべて生えそろうまでは慎重に成長を経過観察していきます。

治療前 Before
下顎前突
治療後 After
下顎前突

治療期間:11ヶ月 非抜歯
治療装置: 筋機能矯正装置(EOA)

下顎前突

<症例2>

13歳の女子です。完全にすべて永久歯に生え変わっているので、固定式の装置MBSでの治療になりました。比較的受け口の度合いが大きく上下左右の小臼歯(しょうきゅうし)(中心から4番目の歯)を1歯ずつ抜いての治療になりましたが、顎間ゴムという口腔内用の着脱式のゴムを使用してもらい、最終的にはとてもよく安定した咬み合わせにおさまりました。

下顎前突

参考症例トピックス
MBS(マルチ ブラケット システム)による抜歯治療の流れ

治療前 Before
下顎前突
治療後 After
下顎前突

治療期間:1年7ヶ月 抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

でこぼこの歯並び(叢生(そうせい))

<症例1>

叢生(でこぼこ)の歯並びですが上顎前突感と、正中離開(歯列の真ん中に隙間)もあります。顎がかなり小さいので、歯の生える隙間が足らず、現時点ですでにでこぼこになっていますが、これから生えてくる永久歯のスペースも全く足りません。取り外しの睡眠時に使用する装置で治療を開始しましたが、永久歯のスペースが確保できるかは五分五分でした。
最初は気持ち悪くて使えないと言ってなかなか装着できませんでしたが、毎日20分くらいから少しずつ使用時間をふやしていき、最終的には毎日10時間くらい使えるようになりました。
年齢的に7歳からのスタートだったので充分成長を促すことができ、期間はかかりましたが、別人のようにきれいになりました。乳歯はすべて永久歯に生え変わり、でこぼこもありません。

参考症例トピックス
『乳歯のうちに取り外し装置で矯正!2 -EOAの仕組み-』

治療前 Before

治療後 After

治療期間:2年9ヶ月 非抜歯
治療装置: 筋機能矯正装置(EOA)

<症例2>

11歳の男の子ですが、すでにすべての歯が永久歯に生え変わっています。顎が小さく、上下の前歯の重なりも大きく下顎の成長も制限されていました。
永久歯列でこのくらいでこぼこの度合が大きいと固定式のMBS(マルチブラケットシステム)で抜歯して治療するのが一般的ですが、来院が比較的早かったので、これからの成長期にかけて顎の成長を促せば、歯を抜かずに治療できる可能性が見込めました。そこで、まず取り外し式の筋機能矯正装置で上下顎(じょうげがく)の拡大を行いました。非常によく装置が使えており、わずか5ヶ月で充分な拡大が達成されたので、装置をMBSに替え全体のでこぼこをそろえました。歯を抜くことなく、充分に美しい歯並びになりました。

治療前 Before
叢生(そうせい)
Ⅰ期治療後 After
叢生(そうせい)
治療後 After
叢生(そうせい)

治療装置: 筋機能矯正装置(EOA)を5ヶ月使用後、 MBS(マルチブラケットシステム)で1年4ヶ月治療 非抜歯

<症例3>

変なところから歯が生えてきた(移転歯)
右上の犬歯の 歯胚 しはい がずれていたため、本来真ん中から3番目に生えるはずが、1番目と2番目の間に生えてこようとしています。そのため乳歯の犬歯も自然に抜けることができず、残ったままになっています。右上乳犬歯は抜歯して、犬歯を正しい位置に並べ替えました。かなり難しい症例でしたが、標準の治療期間内で治療できました。安定した咬み合せを保っています。

参考症例トピックス
『永臼歯の生える位置がずれて、前歯の根っこが吸収された症例』
『犬歯が生えて来ない!? -犬歯舌側埋伏症例-』

治療前 Before
叢生(そうせい)
治療後 After
叢生(そうせい)

治療期間:2年5ヶ月 右上乳犬歯抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

前歯が咬み合わない(開咬(かいこう))

<症例>

上の歯の真ん中から2番目の永久歯が生えるスペースが足りません。その他にも 開咬 かいこう (前歯が咬み合わない)の症状も見られ、まず、開咬の原因である舌の癖を治す装置を8ヶ月使用した後、顎を広げて歯の生えるスペースを作る治療を開始しました。取り外し式の装置を使用し、初めはなかなか慣れない時期もありましたが、その後のがんばりで9ヶ月後にはきちんと両方の歯が生えそろいました。真ん中の隙間も閉じています。まだもう少し顎が小さいので、装置の使用を続けています。

治療前 Before

治療後 After

治療期間:9ヶ月
治療装置: 筋機能矯正装置(EOA)

大人の矯正

歯並びの矯正というと、「子どもしかできない」とか「今さらもう…」など成人になり年齢が上がるほど、腰が引けるものですが、年齢によって治療ができないということはありません。 クリアブラケット歯の裏側からの矯正など、治療中の審美性にも配慮しつつ健康で美しい咬み合わせを目指します。

出っ歯(上顎前突(じょうがくぜんとつ))

<症例1>

上顎の歯に隙間があり前歯が前突した状態になっています。上下の奥歯の位置関係は正常でしたので、隙間を閉鎖して前歯を引っ込めて歯を抜くことなく治療できました。治療期間も比較的短く1年5ヶ月で終了しました。

治療前 Before
開咬(かいこう)
治療後 After
開咬(かいこう)

治療期間:1年5ヶ月 非抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

<症例2>

<症例1>同様に上顎の歯に隙間があり前歯が前突した症例です。ただし1の症例より奥歯の咬み合わせが不良で、上顎が下顎より前方に位置しており1歯対1歯の咬み合わせです。正常な状態では、治療後の写真のように1歯対2歯のジグザグの咬み合わせになっていないといけません。このままでは隙間を閉鎖しても、前突感が残ってしまうので、インプラントを使って上顎の歯を全体に後ろに移動させました。やや期間はかかりましたが、歯を抜くことなく良好な咬み合わせになりました。

治療前 Before
開咬(かいこう)
治療後 After
開咬(かいこう)

治療期間:2年9ヶ月 非抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)インプラント

受け口(下顎前突(かがくぜんとつ))

<症例1>

小さい頃に受け口の治療を受けたことがあり、一時よくなっていたそうですが、成長にしたがって悪くなってきたということでした。
また、左上の2番目の永久歯が1本足りません。MBS装置を使って上の歯は全体に前に集めました。下の歯はでこぼこが少なかったのでMBSの早い段階からMEAWというワイヤーを使って、歯を抜くことなく全体に後ろに移動させ、正常な咬み合わせに改善しました。歯がなかった部分も隙間を残すことなくきれいに並んでいます。

治療前 Before
下顎前突
治療後 After
下顎前突

治療期間:1年11ヶ月 非抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

<症例2>

56歳女性の方です。歯並びの矯正というと、「子どもしかできない」とか「今さらもう…」とか成人になり年齢が上がるほど、腰が引けるものですが、この方のように年齢によって治療ができないということはありません。むし歯で歯を失った部分やかぶせの入っている部分もかなりありましたが、歯周病もなく非常に健康なお口の状態でしたので、期間的にも、一般的な同様の歯列の治療期間が約2年から2年半程度のところ、1年7ヶ月と比較的スピーディに治療を完了しました。

参考症例トピックス
『下顎前突 全顎マルチブラケット症例』

治療前 Before
下顎前突
治療後 After
下顎前突

治療期間:1年7ヶ月 非抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

でこぼこの歯並び(叢生(そうせい))

<症例1>

下顎の叢生は大きいですが、上顎は比較的軽度でしたので、非抜歯での治療になりました。下顎の叢生と顎の咬み合わせがやや左にずれていたので、MEAWという特殊なワイヤーと自分で着脱するゴムを使用していただきました。ゴムの使用の協力度もよく、非常にスピーディに治療を完了できました。

治療前 Before

治療後 After

治療期間:1年5ヶ月 非抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)(リンガルブラケット)

<症例2>

上下ともに顎が小さく、でこぼこの度合が大きい症例でした。顎の成長期も終わっていたため、歯を抜かずに治せば、歯が顎の骨から張り出した状態になり口元が出っ張った感じになることが予想されたので、やむなく上下左右の 小臼歯 しょうきゅうし (中心から4番目の歯)を1歯ずつ抜いて治療しました。装置の見た目が気になるとのことでしたので、歯の裏側につけるリンガルブラケットを使用しました。歯を抜いた隙間は完全に閉鎖し、治療後、でこぼこが元に戻らないよう歯の裏側から細いワイヤーで固定しています。口元の横顔も非常に美しく整いました。

治療前 Before

治療後 After

治療期間:2年 抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)(リンガルブラケット)

<症例3>

42歳女性。歯周病ですでに数本の歯を失っています。一般歯科で歯周病の治療を受けており、失ってしまった前歯をブリッジで補うことになったのですが、咬み合せが悪いために上手くブリッジができないので歯並びを整えてほしいという依頼でした。
歯周病の骨の吸収度合いからいって、矯正治療ができるギリギリで非常に難しい症例でしたが、患者さん本人のモチベーションとご協力によって、無事きれいな歯並びをつくることができました。

参考症例トピックス
『入れ歯と歯周病と矯正治療 1』
『症例 入れ歯と歯周病と矯正治療 2―治療編―』

治療前 Before
叢生
治療後 After
叢生

治療期間:抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

前歯が咬み合わない(開咬(かいこう))

<症例>

奥歯をしっかり咬み合わせても、前歯が咬み合わない症例です。 開咬 かいこう 症例は舌や唇の 不良習癖が原因のことが多く、原因である癖が直らないと、再発しやすいので、治療後の観察が重要です。全顎のMBSで治療しました。

治療前 Before
開咬(かいこう)
治療後 After
開咬(かいこう)

治療期間:1年10ヶ月 抜歯
治療装置: MBS(マルチブラケットシステム)

顎変形症(がくへんけいしょう)

<症例>

重度の 下顎前突 かがくぜんとつ です。小児のころから下顎前突の傾向が見られ、取り外し式の装置で 顎位 がくい の誘導などを行いつつ成長を見守っていきましたが、レントゲンの計測で 下顎 かがく の過大な成長が見られました。永久歯が生えそろってきた段階で全体的な治療について再分析を行った結果、咬み合わせのみを治療するならば、下 顎小臼歯 かがくしょうきゅうし 抜歯のみでの矯正治療、もしくは、顔貌および口元の審美的なところまでの改善となると顎の骨を切る手術を併用する 外科的矯正という2つの選択肢ができました。最終的に保護者の方と相談したところ外科的矯正を希望されましたので、下顎の成長が止まるのを待って、術前矯正を開始しました。写真は当時の15歳のものです。1年間の術前矯正の後、夏休み期間を利用して手術を行いました。3週間程度の入院期間を終え、術後の咬み合せを安定させるため術後矯正を行い治療を終えました。治療の前後で口元に大きな変化がみられます。こうした外科的矯正を必要とする症例を顎変形症と呼びます。

参考症例トピックス
『下顎前突外科症例』
『下顎前突外科症例 2』

治療前 Before

治療後 After