JR倉敷駅より徒歩5分〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2-8-1 倉敷会館ビル2F

TEL 086-422-4410

お問い合わせ

TEL CONTACT

2020年 3月 抜歯と非抜歯どちらを選びますか?

先月に引き続き、今月も症例のご紹介です。
矯正治療をする際、『抜歯と非抜歯(歯を抜かないで治療)どちらを選びますか?』と聞かれたなら、皆さんどうしますか?
『抜かない方がいいに決まってるじゃないか!!』と思われる方も多いでしょう。  
もちろん、我々矯正医としても患者さん方がどんなに歯を抜くのを恐れているか充分わかっていますので、常に出来るだけ歯を抜かないですむ治療法を研究しています。(今まで、たくさんの「歯を抜くのが怖くて矯正を断念した患者さん」を診てきましたので・・・。)その成果としてEOAやMEAW・インプラントなどの装置によって、歯を抜かずに治療できる症例もずいぶん増えています。

 それでも、やはりどうしても抜歯が必要な症例があります。先月お話したように歯と顎のバランスを無視して無理に非抜歯で治療すると咬み合わせの安定が悪くなったり、出っ歯になって見た目が悪くなるような症例です。
そんなときは心を鬼にして患者さんに「抜歯宣告」をするのです。

 ・・・が、ここで、抜歯か非抜歯かの白か黒かの判断の際、グレーゾーンの患者さんがいます。
患者さんの検査結果を分析した結果、「非抜歯でも健康な安定した咬み合わせに治療可能である」、しかし歯並びのでこぼこを並べると歯のアーチが一回り大きくなります、つまり、「今の歯並びより少しだけ前歯が前に出ますよ」という場合です。
この場合前歯の前突感ついては各個人によって感じ方がかなり違います。
もともと前突感を気にされている方なら、抜歯したほうが歯のアーチは小さくなりますから抜歯して治療したほうが満足した結果が得られるでしょう。
歯を抜くのは怖いし抵抗があるという場合には歯を抜かずに治療してもよい咬み合わせにできますし、抜歯スペースを閉じる期間がない分、治療期間は半年~1年程度短くなります。

 ということで、最初の質問をさせていただくわけですが、「少しだけ歯が前に出る」といわれても、なかなかイメージがわかりづらく、この質問にはかなり迷われる方も少なくありません。そこで、今回は抜歯と非抜歯の二つの治療例を比較しながらご紹介していきたいと思います。前振りがずいぶん長くなってしまいましたが、以下、参考になれば幸いです。




いかかでしたか?肝心なのは自分にとって一番重要なのは何かを見極めることです。『歯を抜かずに治療したいのか。』 『見た目を重視するのか。』 『治療期間を短くしたいのか。』人生は取捨択一の積み重ねです。しっかり考えて選択したら、勇気を持って一歩踏み出しましょう。きっと後悔はしないはずです。


非抜歯症例治療データ詳細

主訴: 乱ぐい歯  診断名:叢生  年齢:31y7m 治療装置:マルチブラケット装置  

抜歯部位:非抜歯  治療期間:14か月 

治療費:矯正管理料として50万円(処置料別途)

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について:

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~12 週間で慣れることが多いです。 ② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。 ③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。 ④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。 ⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。 ⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。 ⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。 ⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。 ⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあり ます。 ⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。 ⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。 ⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。 ⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。 ⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。 ⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。 ⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。 ⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。 ⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。