ひじや矯正歯科

倉敷で最初の歯列矯正専門の歯科医院|ひじや矯正歯科

文字の大きさの変更方法

文字の大きさを変更してご覧になりたい方はCtrlを押しながら、マウスのホイールを手前に回してください。
HOME»  治療法と治療装置

いろいろな装置と治療法

 歯並びに色々な種類があるように、治療法も様々です。当診療所では充分なカウンセリングのうえで、もっとも効果的かつ、患者さんの意向に沿える治療法と装置を選択するようにしています。

 

治療法と治療装置 Menu

取り外し式装置

機能的矯正装置

 取り外し式で主に睡眠時に装着するマウスピース型の装置です。日中、学校に行っているときなどははずしてかまいません。
 まだ骨の柔らかい、乳歯・永久歯混合歯列期(前歯だけ永久歯で奥歯にまだ乳歯がある頃)に使用することで、あごの位置のズレを改善したり、あごの成長を促すことができます。
いくつかの種類がありますが、写真はEOA(エラスティックオープンアクチベーターの略)とアクチベーターです。そのほかにもバイオネーターやビムラーなど症例に合わせて様々な種類のバリエーションがあります。
中でもEOAは、『顎の成長拡大』、『でこぼこの改善』、『前歯の隙間の閉鎖』、『顎のズレの改善』といったさまざまな機能を持ち、適切なタイミングできちんと使用すれば、乳歯期のEOA治療だけで矯正治療を完了できることも多く、凸凹の歯並びでも抜歯することなく治療できるなど、大きな効果が挙げられます。

             参考症例 トピックス
                『子供の矯正 早期治療は必要か?』
                                   『取り外し式装置EOAはスゴイ!!』
                『取り外し式装置EOAはスゴイ!!  その2 -EOAでなぜ治る?-』
                『機能的矯正装置 -取り外し式装置EOAの仲間たち-』
                『筋機能矯正装置の上手な使い方』

                『取り外し式装置EOAで非抜歯叢生治療』

 

EOA
 

 

 
アクチベーター(別称:FKO)

 

EOA

あごを広げて歯が生える隙間を確保し、でこぼこを改善します。上顎前突(じょうがくぜんとつ)下顎前突(かがくぜんとつ)
改善にも有効です。

 

<装着時>

<装着時>

プラスチックの部分が歯の内側にぴったり沿うように咬みこみます。






 

 

アクチベーター(別称:FKO)

顎位(がくい)を誘導し上顎前突(じょうがくぜんとつ)を改善します。 開咬(かいこう)の改善にも有効です。

 

 

固定式の装置

MBS(マルチ ブラケット システム)

 MBS(マルチブラケットシステム)とは歯一本ずつにブラケットと呼ばれる小さな装置を接着し、ワイヤーを通して歯に力をかけて徐々に動かしてゆく治療法です。取り外しがきかない分、常に一定の力を歯にかけることが出来るので、効率よく治療が進みます。また、歯一本ずつの細かい調整が可能なので、歯並びを精密に美しく仕上げることが出来ます。ブラケットには素材や形などによって色々な種類があります。当院では装置の見た目が気になりやすい前歯部分には目立ちにくいクリアブラケットを使用しています。

 

             参考 トピックス
                『MBS(マルチ ブラケット システム)による下顎前突抜歯症例の治療の流れ』

 

 

 

クリアブラケット

 

クリアブラケット

 
  透明なプラスチックで出来ているブラケットです。従来の金属製のブラケットに比べるとかなり目立ちません。ワイヤーの 通る部分にはすべりが良いように、金属の溝が埋め込まれています。(ワイヤーのすべりが良いほうが治療は速く進みます)   金属製のブラケット
※当診療所では治療時の審美性も重視しているので、特に患者さんの希望や治療上の必要がない限り、前歯に金属製のみのブラケットをつけることはありません。
 

 

 見えない装置 - 舌側矯正(リンガルブラケット) - 

 MBS(マルチブラケットシステム上記参照)の中でも歯の裏側に装着するタイプのものです。
舌にあたる側にブラケットがつきますので舌側矯正と呼ばれ、これに使用する舌側専用のブラケットがリンガルブラケットです。(歯の舌側のことをリンガルといいます。)
治 療中でも表からはほとんど装置は見えません。特殊な装置ですので、一回の診療時間は通常のMBSより若干長めにかかりますが、治療の歯並びの現状が把握しやすいので、歯並びがきれいになっていく様子が実感できます。上顎(じょうがく)のみリンガルで下顎(かがく)は通常のMBSで治療するという選択も可能 です。

 

 

リンガルブラケット

 

リンガルブラケット

 

 

 

部分的な治療

 症例によっては前歯のみなどの部分的な治療も可能です。基本的には、矯正歯科治療とは第一に健康な咬み合せを作ることを目的としていますので、上の前歯が出ているからといって上の歯だけ装置をつけて治療すれば治るといったものではありません。上下の咬み合せのバランスが重要だからです。
しかし、奥歯や他の咬み合わせはしっかり咬めていて、本当に一部の歯だけ並びが悪いといった場合には、良い咬み合わせの部分は動かさずに、悪い部分だけを治療することがあります。あくまで他の部分の咬み合わせが良い場合に限りますが、最小限の負担で良好な結果が得られます。

             参考 トピックス
                『受け口の部分治療症例』

 

抜歯と非抜歯

 矯正歯科治療と聞くと、まず歯を抜くというイメージをもたれる方も少なくないかもしれません。しかし、我々矯正歯科専従医は、常に、いかに歯を抜くことなく、歯並びを改善するかを模索しているのです。当院でも常にさまざまな学会や研究会から新たな技術をとりいれ、早期治療やMEAWインプラントなどを駆使してずいぶん歯を抜く治療は少なくなっています。

 ただし、どうしてもやむをえず必要な場合、抜歯することもあります。非抜歯(歯を抜かない)治療に固執しすぎると、でこぼこは治せても前歯が出てしまったり、歯のアーチを広げすぎて、あごの骨に対して歯の安定が悪くなったり咬み合わなくなったりする場合があるからです。「健康な歯を抜くなんて」と思われるかもしれませんが、当院では歯とあごの総合的な健康を目指して最適な治療法を提案するようにしております。

      参考 トピックス
          『抜歯と非抜歯どちらをえらびますか?』
          『抜歯治療』



 






 
 



 

-抜歯と非抜歯どちらをえらびますか?より-
 
矯正治療をする際、『抜歯と非抜歯(歯を抜かないで治療)どちらを選びますか?』と聞かれたなら、皆さんどうしますか?『抜かない方がいいに決まってるじゃないか!!』と思われる方も多いでしょう。

 
 もちろん、我々矯正医としても患者さん方がどんなに歯を抜くのを恐れているか充分わかっていますので、常に出来るだけ歯を抜かないですむ治療法を研究しています。(今まで、たくさんの「歯を抜くのが怖くて矯正を断念した患者さん」を診てきましたので・・・。)その成果としてEOAMEAWインプラントなどの装置によって、歯を抜かずに治療できる症例もずいぶん増えています。

 それでも、やはりどうしても抜歯が必要な症例があります。治療法のページでもお話したように、歯と顎のバランスを無視して無理に非抜歯で治療すると咬み合わせの安定が悪くなったり、出っ歯になって見た目が悪くなるような症例です。そんなときは心を鬼にして患者さんに「抜歯宣告」をするのです。

 ・・・が、ここで、抜歯か非抜歯かの白か黒かの判断の際、グレーゾーンの患者さんがいます。患者さんの検査結果を分析した結果、「非抜歯でも健康な安定した咬み合わせに治療可能である」、しかし歯並びのでこぼこを並べると歯のアーチが一回り大きくなります。つまり、「今の歯並びより少しだけ前歯が前に出ますよ」という場合です。この場合前歯の前突感については各個人によって感じ方がかなり違います。も ともと前突感を気にされている方なら、抜歯したほうが歯のアーチは小さくなりますから抜歯して治療したほうが満足した結果が得られるでしょう。歯を抜くのは怖いし抵抗があるという場合には歯を抜かずに治療してもよい咬み合わせにできますし、抜歯スペースを閉じる期間がない分、治療期間は半年~1年程度短くなります。

 ということで、最初の質問をさせていただくわけですが、「少しだけ歯が前に出る」といわれても、なかなかイメージがわかりづらく、この質問にはかなり迷われる方も少なくありません。そこで、今回は抜歯と非抜歯の二つの治療例を比較しながらご紹介していきたいと思います。前振りがずいぶん長くなってしまいましたが、以下、参考になれば幸いです。
 
   

 
抜歯と非抜歯  
     いかかでしたか?肝心なのは自分にとって一番重要なのは何かを見極めることです。『歯を抜かずに治療したいのか。』 『見た目を重視するのか。』 『治療 期間を短くしたいのか。』人生は取捨択一の積み重ねです。しっかり考えて選択したら、勇気を持って一歩踏み出しましょう。きっと後悔はしないはずです。    

 

インプラント矯正

 最も新しい治療法のひとつです。通常、矯正歯科治療で歯を動かす場合、一方の歯を支点にもう一方の歯を押したり引いたりして動かすのですが、この際、支点となる歯も反作用として動いてしまうという問題がありました。
インプラント矯正とは、この問題を解決すべく開発されたインプラントと呼ばれる極小のチタン製ネジをあごの骨に植込み、それを支点に歯を動かす仕組みです。余分な反作用がおこらないので、治療効率がよくなったり、今までは不可能とされた治療が可能です。インプラント本体の大きさはピアスと変わらない程度の大きさで、植込みも麻酔下で行いますのでそれほど痛みもありません。矯正歯科治療終了後は外します。

             参考 トピックス
                『インプラント症例 -上顎前突-』
                『インプラント』

 

 

 

インプラント矯正

 

インプラント矯正

 

 

外科矯正

 顎や顔の骨格的な変形が大きく、矯正治療のみでは治療が難しいと診断される場合、顎や顔の骨の手術を併用し、治療を行うことがあります。こういった症例を顎変形症と呼び、具体的には極端に下顎が大きく成長してしまった下顎前突(かがくぜんとつ)などが多いですが、そのほかにも色々なパターンがあります。
治療は、まず術前矯正と呼ばれる矯正治療で手術後の顎の位置を想定しながら歯列を整えた後、外科手術であごの位置を改善し、術後矯正で咬み合わせを完成させます。治療後は歯並びだけでなく、顔貌にも改善が見られます。
当院は顎口腔機能(がくこうくうきのう)診断施設ですので保険適用が可能です。(ただし現在のところ舌側矯正はいかなる診療所でも保険適応範囲外となっております。)

             参考 トピックス
                『下顎前突外科症例』
                『下顎前突外科症例 2』

 

 

 

治療前

 

治療前

 
         
  治療後   治療後  

 

保定と保定装置

 矯正歯科治療後のきれいになった歯並びを維持し安定させることを保定といいます。後戻りといって、装置をはずした瞬間から歯は元の位置に戻ろうとします。(ピアスの穴を開けていてもピアスをつけないでいると、すぐに穴がふさがろうとしてくるのと同じです。)特に、歯並びとは矯正歯科治療を受ける、受けないにかかわらず、一生を通して少しずつ変化し続けるものなので、せっかくきれいになった歯並びを長く美しく保つために、保定は重要です。保定装置とは矯正歯科治療後の歯並びを維持するために使用するギプスのようなもので、特にMBSで精密な治療を行った後には不可欠な装置です。固定式と取り外し式の装置がありますが矯正歯科治療終了後すぐに使用し始め、取り外し式の装置は徐々に使用時間を減らしながら歯を慣らしていきます。この取り外し式の装置は歯の表にもかかってくるもので、見た目や装着感が気になり、なかなか装着できない患者さんもおられました。当診療所では透明なカバータイプのSHR(ソフトハードリテーナー)やオリジナルのOH型リテーナーを使用しており、従来のベッグリテーナーやホーレーリテーナーに比べて審美性と装着感に優れているのが特徴です。

 

SHR(ソフトハードリテーナー):取り外し式

透明な柔らかい素材で歯列全体から歯ぐきまでを覆うようにできています。厚みは0.5ミリとかなり薄いので、ほとんど目立ちません。主に下顎の保定に使用します。(写真は下あごの歯にSHR、上はOH型ワイヤーリテーナーEXを装着)歯磨きや食事の際ははずしていただけます。

 

 

 

SHR(ソフトハードリテーナー)

 

SHR(ソフトハードリテーナー)

 

 

ベッグリテーナーの進化型リテーナーで、内側のプラスチック部を一本のワイヤーに置き換えて、舌のスペースを広くし、しゃべりやすくなっています。外側のワイヤーには透明のプラスチックバー(QCMリテーナーワイヤー)を使用し、装着していても目立ちません。基本的に食事の際ははずしますが、飲み物や簡単なものなら、着けたままでもかまいません。 SHRより保持力が強く、後戻りで狭窄しやすい上顎の保定に適しています。

 

 

 

OH型ワイヤーリテーナー

 

OH型ワイヤーリテーナー

 

 

従来型ベッグリテーナー

 

 

従来型ベッグリテーナー

 

従来型ベッグリテーナー

 

 

歯の内側からプラスチック製のベースで支え、外側からはワイヤーで支えています。プラスチック部の厚さは3ミリ前後あります。
(現在当診療所ではごく一部の特殊な症例以外使用しておりません。)

 

OH型ワイヤーリテーナーEX(エキストラ)()(唇側面フルカバータイプ):取り外し式

 OH型リテーナーの審美性を更に向上させるため、外側のプラスチックバーを唇側面すべてを被う薄い透明カバーにかえたものです。普通の会話程度では誰も装置を着けている事には気づかないでしょう。主に舌側矯正をされた方に使用しています。
 (上顎:OH型ワイヤーリテーナーEX  下顎:SHR)

 

OH型ワイヤーリテーナーEX

 

OH型ワイヤーリテーナーEX

 

OH型ワイヤーリテーナーEX

 

フィックスドリテーナー:固定式

 歯並びの中でもっとも後戻りしやすく、また変化が目立つのが前歯です。フィックスドリテーナーは、そういった前歯の凸凹やすきっ歯が戻らないように、ごく細いワイヤーで歯の裏側からボンド剤で直接固定します。裏側につけるので表から見えることもなく、口腔内の自浄作用を妨げないよう歯茎際なども滑らかな表面になるように仕上げますので、適切なメンテナンスを行えば虫歯の心配もなく、日常生活にまったく支障ありません。また、取り外し式装置のような、自分で着脱するわずらわしさがないのもメリットです。
 矯正治療後の後戻りだけでなく、加齢による歯並びの変化からも歯並びを守ってくれます。

 

 

 

ホワイトニング

 

ホワイトニング

 

 

ホワイトニング

ホームホワイトニング

 各個人の歯に合わせて製作されたカスタムトレーに専用のホワイトニングジェルを注入し歯に覆いかぶせて、ジェルの薬効を浸透させます。毎日睡眠時にトレーをつけて寝ると徐々に歯が白くなっていき、1~4週間行います。
オフィスホワイトニング(歯科診療所でレーザーや光をあててジェルを浸透させる方法)に比べ日数はかかりますが、診療所での診療時間がかからないのと、時間をかけて浸透させるのでホワイトニング効果が高く、持ちがよいのが特徴です。
また、色戻りした際にも自宅で手軽にタッチアップできます。

 

 

 

施術前

 

施術後

 
 

施術前

 

施術後

 
  施術前。右上前歯は10年以上前に作った挿し歯。挿し歯の色は当時と変わらないが、周囲の歯が年齢と共に黄ばんできた状態。   上下ホワイトニング後。歯の色が全体 に1トーン明るくなり、挿し歯との差が 目立たなくなっている。  

 

レジンベニア

 写真のような重度のエナメル形成不全やテトラサイクリン着色などは薬剤を使ったホワイトニングでは効果がでません。
このような場合、歯の表面を人工素材(ポーセレン(セラミック)・プラスチックなど)で一層覆うことで歯の色をカバーします。
当院で行うレジンベニアとは歯の表面を歯科用のコンポジットレジン(むし歯治療でも使用するプラスチックの白い充填材)で覆い光硬化させます。ポーセレンラミネートベニアより透明感と色持ちはやや不足しますが、歯を削らずに処置できるので、からだに優しく、破損時や着色時の修復も可能です。 コスト的にもポーセレンの10分の一以下と廉価なのも魅力です。

 

 

 

施術前

 

施術後

 
 

施術前

 

施術後

 
  歯が生える前の段階でエナメル質の形成が不完全だったためエナメル質自体が変色している。薬剤によるホワイトニングでは落ちにくい。   上の前歯4本レジンベニア