ひじや矯正歯科

倉敷で最初の歯列矯正専門の歯科医院|ひじや矯正歯科

文字の大きさの変更方法

文字の大きさを変更してご覧になりたい方はCtrlを押しながら、マウスのホイールを手前に回してください。

 こちらの今月のトピックスのコーナーでは、毎月新しい治療例や歯に関するちょっと気になる話題などを紹介していきます。これから矯正治療を始めたい方も、現在治療中の方も、このホームページを通してよりいっそうのご理解を深めていただければと思いますので、ご意見ご要望などおよせください。どうぞよろしくお願いいたします。

注: 当院のホームページにおける症例写真はすべて実際に当院で治療した症例であり、患者の皆様の協力の下に承諾を得て掲載せていただいております。

その他のバックナンバー

 

HOME»  トピックス一覧»  【症例紹介】»  2016年 2月 犬歯が生えて来ない!? -犬歯舌側埋伏症例-

2016年 2月 犬歯が生えて来ない!? -犬歯舌側埋伏症例-

2016年 2月 犬歯が生えて来ない!? -犬歯舌側埋伏症例-

さて、今月は久しぶりの症例紹介です。
まず、こちらの写真をごらんください。



 
一見すると、気になる部分は上顎の前歯の前突感と すきっ歯ですね。
しかし、レントゲンを撮ってみると、、、
  

上の前歯の根っこの部分に重なって斜めに写っている歯がありますね。これが永久歯の犬歯です。
この患者さんの主訴は「乳歯がぬけたのに永久歯の犬歯が生えて来ない」ということで、左側は乳歯が抜けたまま隙間になっており、右は乳歯の犬歯が抜けずに残ったままです。
では、なぜ生えて来ないかというと、原因は犬歯が通常よりずれた位置に出来てしまったからです。

一般に永久歯が生えて来ない原因は大きく分けて二通り。ひとつは永久歯自体が出来ていない「先天性欠如」、もうひとつは永久歯が本来の場所とは違った位置に出来てしまった「移転歯」です。
当院のホームページでは、これまでも犬歯の萌出異常の症例は何度か紹介してまいりましたが、こちらは今までの症例とは違うタイプの症例です。

    参考症例:歯の生える場所が入れ替わる!? -移転歯-
         移転歯2 治療例
         移転歯+先天性欠損+矮小歯・・・その治療例



 何がどう違うのかというと、レントゲンではわかりにくいですが、この症例の犬歯は上顎の内側のほうに向かって埋まっているのです。(写真 丸の部分にうまっています) 

        


より確実に把握するために3DCTを撮影しました。立体的に見えるので歯の重なりの前後の位置関係がよくわかります。


 
   

幸いこの犬歯は埋まっている向きから推測して、他の歯の根っこに当たって歯根吸収を起こす心配はなさそうですが、きちんと生えさせて歯列に並べるのはかなりむずかしそうです。
基本的な方法は通常の移転歯と同じく、歯の埋まっている部分の歯ぐきに穴を開けて埋まっている犬歯に装置をかけて牽引していくのですが、歯の埋まっている位置がいままでと違い内側のほうにあるため、通常のリンガルアーチという装置がつかえないのです。

       <一般的な移転歯症例   2010年  12月 移転歯2 治療例>

   

   
 
そこで、特別な設計をしてワイヤーアームで犬歯をひきあげつつ、外側に押すという装置を製作しました。
まずは口腔外科の先生に依頼して歯ぐきを開けてもらい、埋まっている犬歯の先端を装置が着く面積だけ露出させてもらいます。その後すぐに当院にて、露出した部分に装置のワイヤーアームを固定するための突起を接着します。(露出させたらできるだけ早く装置をかけないと歯ぐきの組織が増殖してきて穴が埋まってしまうので、あらかじめワイヤーアームの装置のベースは装着しておいてから、口腔外科に依頼します。)

突起にワイヤーアームを固定し犬歯を引き上げていきます。
以下の写真は動かし始めて2ヶ月経過した時点です。かなり、生えてきています。


 

更に一ヵ月後。犬歯を歯列に並べるために外側に向かって押していきますが、犬歯が歯列に入るために充分な隙間が必要です。
前歯の中心の隙間を閉じたり、歯列全体の形態を整えるためにもすべての歯に装置をかけていきます。

   

隣の歯に犬歯がぶつからないように注意深くうごかしていきます。
上下の咬み合わせにも注意が必要です。上の写真では下の歯の咬み込みが深く、犬歯を外に移動させるのに邪魔になっています。
こういった全体の歯とのバランスをとりつつ、更に3ヶ月後。犬歯の移動を開始してから半年が経過しました。

  
左側   右側

犬歯はほぼ歯列まで移動しましたね。
あとは全体の歯並びとかみ合わせの仕上げです。一見ほとんどいいように見えますが、ここからが第二の勝負です。
左右のかみ合わせを見比べてみてください。
右側からの写真のほうが出っ歯に見えますね。左右のかみ合わせが非対称です。

意外に思われるかもしれませんが、このかみ合わせの非対称を治すのに、ここから約1年半かかります。
美容整形などで見た目さえよくなればOKということなら、ここで終わってもよいのでしょうが、あくまで健康なかみ合わせを目指すのが歯列矯正の本道、あせらずもうひとがんばりです。


治療終了!


                              

治療期間2年1ヶ月。左右共にしっかり咬んでいます。前歯から犬歯のひとつ後ろに歯まで、後戻りしないよう、歯の裏から固定しています。他にも歯列のアーチ型全体をキープするために取り外し式のマウスピースを使用してもらいながら、安定させていきます。


さて、今月は少し珍しい症例をご紹介させていただきましたが、実はこういった移転歯は年々増えています。当院ではこういった症例は以前は一年に一人か二人くらいといったイメージでしたが、最近では本当に頻繁にいらっしゃいます。しかも、次々と難しい位置や、犬歯だけでなく奥歯の小臼歯の移転歯、当院に来られた時点で既に根っこの損傷が始まってしまっている症例など枚挙に暇がない状態です。外科の先生と連携をとりながら治療に精進する日々ですが、皆さんも歯が生えてこない、へんなところが盛り上がってきたなど異常に気づかれましたら、お早めにご相談ください。

2016-01-18 16:38:37

【症例紹介】   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント