ひじや矯正歯科

倉敷で最初の歯列矯正専門の歯科医院|ひじや矯正歯科

文字の大きさの変更方法

文字の大きさを変更してご覧になりたい方はCtrlを押しながら、マウスのホイールを手前に回してください。

 こちらの今月のトピックスのコーナーでは、毎月新しい治療例や歯に関するちょっと気になる話題などを紹介していきます。これから矯正治療を始めたい方も、現在治療中の方も、このホームページを通してよりいっそうのご理解を深めていただければと思いますので、ご意見ご要望などおよせください。どうぞよろしくお願いいたします。

注: 当院のホームページにおける症例写真はすべて実際に当院で治療した症例であり、患者の皆様の協力の下に承諾を得て掲載せていただいております。

その他のバックナンバー

 

HOME»  トピックス一覧»  【お知らせ】

【お知らせ】

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019年 10月 倉敷プレミアム付商品券のご利用のご案内

今月は倉敷プレミアム付商品券のご利用のご案内です。
以前、2015年にも発行されましたプレミアム付商品券ですが、このたびの増税にあわせて再び発行されました。
ご存知の方も多いと思いますが、プレミアム商品券とは、地方創生事業の一環として各市町村で発行された、地方の特定の地域で購入価格を上回る買い物ができる商品券のことです。 倉敷市内の約1,900店の登録店舗・事業者でご利用が可能です。
医療機関での使用も可能ですので、当院も登録事業者として登録させていただいております。
この機会にぜひご利用ください。
ご利用の注意点やよくある質問など、以下にまとめてみましたので、ご参考になさってください。
 
 

  • 医療機関ならばすべての機関で使用できるわけではなく、「商品券取り扱い店舗・事業所」に登録している機関のみで使用できます。

    (当院以外の医療機関においては、各入り口の登録証明のステッカーや受付などでご確認くだ
    さい。)

  • 当院で使用できるのは、「倉敷市プレミアム付商品券」のみですので、他の市町村の商品券のご使用はできません。
  • お釣は出せませんが、現金とあわせてのお支払いは可能です。
  • 商品券でのお支払いも医療費控除の対象になります。
  • 使用期間は令和元年10月1日(火)~令和2年3月31日(火)までです。

その他詳細はこちらへ→http://www.倉敷市プレミアム付商品券.jp/about/index.html



         

2019-10-01 10:34:00

コメント(0)

2019年 7月 ブレーススマイルコンテストのお知らせ

今年も恒例のブレーススマイルコンテストの季節になりました。
今回のテーマは『笑顔の先にあるもの、無限大の可能性!』です。矯正歯科治療でキレイな歯並びになっていく皆さんの"輝く"写真を募集します。
同コンテストは、矯正歯科治療中の方を対象にした笑顔のフォトコンテストで、矯正歯科治療中の方がより前向きに治療に取り組んでいただくことを目的として、日本臨床矯正歯科医会が2005年より実施し、今年で15回目になります。昨年も全国からたくさんの作品が寄せられました。
  なお、ブレーススマイルコンテスト最優秀賞と優秀賞受賞者には賞金5万円と、豪華副賞が贈呈されます。その他入賞者全員にQUOカード5000円を贈呈されます。皆さん是非奮ってご参加ください!
募集要項については、以下をご参照ください。





『第15回ブレース スマイル コンテスト 募集要項』

テーマ
『笑顔の先にあるもの、無限大の可能性!』

募集期間
2019年7月1日(月)0:00 から9月30日(月)23:59 

応募条件
・応募者が被写体であり矯正歯科治療中の方。応募者のブレース(矯正装置)がはっきりと写っていること。受賞の対象となるのは応募者のみとなります。(被写体は複数人数可)
・今後日本臨床矯正歯科学会、日本矯正器材協議会が行う矯正歯科治療の啓発活動にご協力いただける方
・応募はお一人につき1点のみとさせていただきます。
 *複数名でのご応募は不可とします。

応募方法
 デジタル写真データ
・日本臨床矯正歯科医会のホームページ(http://www.jpao.jp/smile/)からご応募ください。
・データサイズ 1MB以上2MB未満 ・ファイル形式JPEG形式ファイル
・上記条件を満たさない応募作品は無効となる場合がございます。

問い合わせ先
日本臨床矯正歯科医会 第15回ブレーススマイルコンテスト応募事務局
E-mail:jimukyoku.brace-smile-pr@kyodo.jp

賞・賞品
★最優秀賞  (1名) 賞金5万円と副賞(JTBギフトカード5万円分)
★優秀賞   (1名) 賞金3万円と副賞(最優秀賞と同じ)
★大会賞 賞金2万円
★最優秀賞、優秀賞、大会賞以外入賞者全員に5000円分のQUOカードを贈呈

受賞者発表
11月に日本臨床矯正歯科医会ホームページ等で入賞12作品を発表予定 12月に日本臨床矯正歯科医会ホームページ等で各賞発表予定 (日本臨床矯正歯科医会ホームページ http://www.jpao.jp) ※各賞発表後、最優秀賞、優秀賞、大会賞受賞者の皆様には、2020年2月実施予定の表彰式へのご招待のご連絡をさせていただきます。またその他の受賞者の皆様にもご招待のご連絡をさせていただく場合がございます。

表彰式
開催日(予定)2020年2月19日(水)もしくは2月20日(木)
開催場所(予定)ロイヤルパインズホテル浦和(埼玉県さいたま市)

注意事項
※応募作品(写真タイトル、応募コメントを含む)の使用及び著作権は日本臨床矯正歯科医会に帰属し、当会の書籍などの出版物やウェブサイト、PR・プロモーションのために使用させて頂くことがありますので、あらかじめご了承ください。なお、応募作品は返却いたしません。 ※応募作品を当会の出版物やウェブサイト、PR・プロモーション活動等に使用する場合、必要に応じ画像のトリミングや色調の補正等の加工を行う場合があります。 ※第三者の権利(著作権、肖像権など)を侵害する作品は応募できません。応募作品に著作権や肖像権の問題が発生しましても、当会はその一切の責任を負わないものとし、その責任・解決はすべて応募者に帰属するものとします。 ※入賞作品(写真タイトル、応募コメントを含む)は、当医会の広報発表資料や主催する催し、広報誌や作品集等の出版物、ポスター・チラシ、ウェブサイト等で使用する場合があります。作品の使用にあたっては、入賞者の氏名や年齢、居住都道府県の表示を行う場合があります。 ※応募に関する個人情報は、本コンテストに関連する業務(賞の発表や連絡を含む)、ウェブサイトや書籍等へのご協力を確認する連絡以外には使用いたしません。

主催
・公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
・日本歯科矯正器材協議会

2019-07-01 10:32:00

コメント(0)

2019年 6月 ブレーススマイルコンテストと駐車場変更のお知らせ

さて、毎年恒例のブレーススマイルの季節がやってまいりました。
本年も開催は決定されているのですが、募集要項の発表が若干遅れているようですので、楽しみにされている方には申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。発表されしだい更新させていただきます。

続きまして、駐車場についてのお知らせです。
さる5月20日に当院の正面にありました市営元町駐車場が地域再開発のため一時閉鎖となりました。 再開は令和3年夏とのことで、皆様には大変ご不自由をおかけしますが、当面の当院の最寄の駐車場は赤字の7箇所となります。 最も近いのは駅の西ビルにあります市営駅前駐車場です。

また、このたび当院より美観地区方面へ少し南下したところにあります丸五モータープールも駐車券をご用意しましたので、ご利用ください。
尚、カモ井丸五は駐車サービス券が市営とは異なりますので、各駐車券をお忘れなくご提示ください。
倉敷市営駐車場共通回数駐車券の使える駐車場は以下の五箇所です。

    倉敷市市営駅前駐車場
    倉敷市市営駅東駐車場 
    倉敷市中央駐車場
(あわせて図書館を利用される方は図書館内にて1時間延長可)
    倉敷市阿知3丁目駐車場(60分駐車可)
    倉敷市倉敷駅北広場自家用車整理場(入庫後20分以内は無料)   
   

以下は倉敷市営駐車場の満空情報を、リアルタイムに確認できるサイト「倉敷市営駐車場専用 アイポスネット駐車場情報」です。来院時にご参考になさってください。(注:カモ井・丸五は掲載されていません)  
   http://search.ipos-land.jp/p/parklistNA.aspx?gr=00115




 

2019-06-01 11:46:00

コメント(0)

2019年 5月 歯の健康フェアのお知らせ

今月は歯に関するイベントのご案内です。
毎年恒例となりました『歯の健康フェア』ですが、今年もいよいよ来月開催です。
無料の検診や相談コーナーが開かれたりと、お得な情報満載となっておりますので、是非この機会をご利用下さい。

『歯の健康フェア』は倉敷歯科医師会主催で開催される、市民の皆さんの歯やお口の健康に関する意識を高めていただくためのフェアです。毎年著名な講師の方を招いての特別講演会や無料の健診、大人気の体験コーナーなど色々なイベントを行っております。日程は下記のとおりです。多数のご来場をお待ちしています!

2019-05-01 10:34:00

コメント(0)

2019年 1月 進学・転勤にともなう、転医について

あけましておめでとうございます。
こちらのトピックスのページも開設以来、早12回目のお正月を迎えることとなりました。これからもよりいっそう皆様お役に立てますよう精進して参りたいとおもいますのでどうぞよろしくお願いいたします。本年も良い年になりますようお祈り申し上げます。

さて、新年早々ではありますが、受験生の皆さんはそろそろ大詰めですね。早くも進学先が決まった方もおられるでしょうか。進学以外でも卒業や就職、転勤などこの春に引越しの決まった方はおられますか?
もし、遠い県外への引越しで通院が難しくなってしまったら治療はどうなってしまうんだろう・・・。不安になっておられる方も多いと思います。心配はご無用です。きちんとした手続きをとれば、転居先でも安心して治療が継続できるよう、付近の矯正医をご紹介いたします。
ただし、治療を継続するためには、これまでの治療経過や初診時の記録の複製などの資料を継続してくれる医師にお渡しする必要があり、そのための準備には1ヶ月程度必要ですので、できるだけ早めのお知らせをお願いいたします。そのほかにも治療費や転居先の矯正医の選び方や、逆に転居してくる場合などいろいろありますね。ということで、今回は矯正治療の途中で引越しになってしまった場合についてのお話です。



<転医資料用 平行模型>

ご存知のように矯正治療は数年単位で継続した治療を行うため、治療の途中で転居、結婚、出産などをはさむケースも珍しくありません。ですので、治療中に通院が難しいほど遠くへ転居しなくてはならない場合にも、問題なく治療が継続できるように、矯正医どうしの間できちんと連携をとることになっています。こういった転居先で通院できる医院へ変わることを「転医」といいます。

転医するには、それまでの治療の経過がわかるように、その患者さんの記録や資料が必要になります。元の歯並びやどういった経過で治療が進行してきたかがわからないと、治療の予測や計画を立てることが困難だからです。たとえば、前歯のかみ合わせの浅い患者さんが来院されたとして、元々深い咬み合わせをそこまで浅くしてきたのか、もっと浅い咬み合わせの治療の途中なのかでは、治療の進め方がまったく変わってきてしまうのです。 他にもどうやって転居先で医院を探したらいいのか?治療費はどうなるのか?など色々気になることは多いと思いますので、以下、転医の流れ・治療費・注意事項などについてお話していきましょう。


<転医の流れ>

1、 転居のお申し出もし進学・転勤などで引越しの可能性がでてきた場合には出来るだけお早めにお申し出ください。後述する転医先医院のリストアップや資料の作成にはお時間がかかります。転居先のエリアが確定していない場合でも、通院が困難になりそうな場合には早めにお申し出ください。

2、 引越し先のエリアの矯正医のリストアップエリアが決まったら、当院のほうで、転居先のエリアの矯正医を探してリストアップしますので、その中から受診する医院をお選びください。矯正の標榜をしている歯科医院でも、治療技術の差があるため、一定以上の技術レベルと考えられる医院の中から選ばせていただきます。ただし地域によっては矯正医が少ない場合があります。転居先の住居のお近くでなくても、通学先の近くや、通勤通学途中の最寄の大きい市街などから、探すのもよいでしょう。

3、 転医資料の作成転医先でスムーズに治療が継続できるように、当院に保管してある初診時や治療経過の模型・レントゲン・口腔内写真などの治療記録を転医先の医院にお渡しするために複製を作成いたします。(進学先から帰省される場合や、万が一の紛失に備えて、オリジナルの資料は引き続き当院でも保管いたします。)治療経過や治療費のお支払い状況などのお手紙もあわせてご用意いたします。資料の作成は、特に石膏模型複製に時間がかかるため、最速でも一月程度必要です。なお、当院では資料の作成費は特にいただいておりません。

4、 転医資料のお渡し実際に転居される直近の、当院での最後の診療の時に、準備した資料やお手紙をお渡しします。お時間がとれず来院できなかった場合や、資料の作成が間に合わなかった場合には、転居先の住所または転医の医院に直接郵送させていただきます。

5、 転医先医院受診リストの中から通院しやすそうな医院を見つけたら、まずは予約のお電話をしてください。(医院によってはあらかじめこちらから連絡させていただく場合もあります。)当院からの転医希望であることを伝え、受診の際は資料をお忘れなくお持ちください。実際の医院の雰囲気や細かい費用や診療内容など、受診してみないとわからない部分もありますので、リストの中から複数まわってみるのもよいでしょう。その際は持参した資料は返却してもらい、次の医院に持参してください。


<治療費のお支払いについて>

治療の途中での転医の場合、治療の進行状況に応じて矯正料金をいただくことになります。
(例:矯正料金60万円でスタートした治療の6割進んだところで転医の場合 60万円×60%=36万円)
もし既に全額お支払い済み、あるいは進行状況以上の治療費をお支払い済みの場合は、進んでない部分に相当する費用は返金させていただきます。
(上記例の場合 60万円―36万円=24万円返金)

逆に治療の進行状況に対して矯正料金の入金が間に合っていない場合には、進んでいる部分までの矯正料金をご入金いただきます。
ご入金の状況に関しては転医先医院にお伝えいたしますが、自費診療のため各医院で料金体系はまちまちですので、当院の残金と同額で治療できるとはかぎりません。受診した際にしっかり確認しましょう。

一般に物価の影響から都心部の方がやや高くなる傾向はありますが、極端に高額な場合などはご相談ください。また、医院によっては新たに検査費が必要な場合や治療装置を変更になる場合もあり、転医の際には若干追加の費用が必要な可能性があります。


<その他のご注意>

*舌側矯正やインプラントを使用した治療の場合、矯正治療を専門に行う医院でも、かならずしもすべての医院で同治療を行っているわけではありませんので、同治療の継続可能な転医先を選ぶため、医院の選択肢が狭くなる可能性があります。

*医院によって使用する矯正装置はまちまちで、場合により装置の変更を求められる可能性があります。永久歯の矯正治療で使用する固定式のマルチブラケットの場合は装置のメーカーは違っても基本の構造は近いものが多いので、そのまま継続できる可能性が高いでのすが、乳歯期の治療法は医院により違う場合がやや多いです。

*上記の理由で転医の際は追加の費用が発生する場合がありますので、治療終了が近く残りの通院回数が少ない場合で、転居先が比較的近距離の場合には、転医しないほうが金銭的負担が少ない場合もあります。ただし緊急時の対応がしづらいなど、一長一短ありますのでいろいろ情報を集めてよく相談してみましょう。治療が終了していて、定期健診だけの通院の場合は、来院回数も少なく来院の間隔も3ヶ月ごと程度なので、引き続き帰省時にのみ当院を受診されるパターンもあります。その際、緊急時の対応のために転居先近くの矯正医もご紹介いたします。


<他県から当院へ転医してくる場合>

*来院の際はあらかじめご予約ください。

*その際、上記の前医院での治療経過等の資料があればお持ちください。

*資料が間に合わない、紛失、などで資料を持参できない場合でも、こちらから転医前の医院に連絡をとるなど、できるかぎりの対応させていただきますので、ご相談ください。

*資料は治療計画の検討のためお預かりいたしますが、当院で治療を希望しない場合にはお返しいたします。


以上転医についてのご案内でしたが、ご不明な点、聞いておきたいことなどありましたら、お電話・メール等お寄せください。

2019-01-01 17:00:00

コメント(0)

2018年 12月 年末限定 プチギフトのご案内

今年も早12月。なにかとあわただしい師走ですが、みなさん新年を迎える準備はすすんでいますか?
当院でも今年も年末限定で、当院イチオシの歯ブラシCi700のプチギフトセットをご用意いたしました。

当院で一番人気のCi700を各色(青・ピンク・白・黄緑・オレンジ)2本ずつ計10本入に、歯磨きマニュアルとメッセージカードを添えて、1セット500円(税別)今年は和風熨斗タイプも新登場!

 Ci700は極細毛と平切り普通毛のダブル植毛で、歯の細かい隙間と平面の固めの歯垢の両方の除去に優れており、永久歯に生え変わった10代から、年配の歯周病の方まで幅広くお勧めしております。

日頃の感謝をこめてお友達やご親戚にちょっとした贈り物をしてみてはいかがでしょう?



            

2018-12-01 15:21:00

コメント(0)

2018年 8月 西日本豪雨募金と医療費の免除について

このたびの豪雨で岡山では未曾有の被害を受けました。照りつける酷暑の中、県民一丸となって復興への過酷な道のりを歩んでいます。
個人個人の力はささやかでも、皆少しでもお役に立ちたいと模索されている方も多いと思います。

当院でもそんな皆さんのお役に立ちたいと、募金をつのらせていただいており、すでに多くのご協力をいただいております。
以前より東日本大震災、熊本大地震と募金をいただいており、縦続く災害が過去のものとならぬよう、今回は平行する形で二つの募金箱をご用意させていただきました。

 

また、募金をしていただいた方には院長よりクジ引きをご用意しており、ちょっとした粗品のプレゼントがございます。
小さいお子さんには毎回これをお楽しみに来院されるかたも多いですので、今回はかわいい動物消しゴムやガチャガチャのカプセルなどパワーアップしております。
もちろん二つの募金箱に募金くださった場合は二回引けますので、是非お試しください。 皆さんに楽しく募金していただいて、小さいお子様からも人の役に立てる喜びを感じていただければ幸いです。

 

尚、公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会より 日本赤十字社に100万の義援金を送らせていただいております。
日本臨床矯正歯科医会 http://www.jpao.jp/15news/1505support-project/


ところで、先月のトピックスでもお知らせいたしましたが、当院では今回、床上以上の浸水または家屋半壊以上の被災された方には年内中は処置料をいただかないことにいたしました。
また、床下のみの浸水でも、処置料及び矯正料金のお支払い期限を延長させていただきますので随時ご相談ください。


更に厚生労働省からも通達があり、医療機関や薬局での保険診療のお支払いが10月末日まで不要になりました。
以下に厚生労働省ホームページよりの抜粋を以下に掲載いたしますので、ご参考になさってください。

なお、被災により保険証をなくされた方は保険証の提示がなくても受診できます。


<以下、厚生労働省ホームページより>
 

            *被災に伴い保険証を紛失又は自宅等に残して避難している方は、次の事項を医療機関等にお伝えいただければ、保険証がなくても保険医療を受けることができます。
[1] 氏名、[2] 生年月日、[3] 連絡先(電話番号等)、[4] 加入している医療保険者が分かる情報(※)
(※)被用者保険の場合は事業所名、国民健康保険の場合は住所及び組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所

*平成30年7月豪雨で被災された方が、医療機関などで診療を受ける際に、医療機関等の窓口で、次の1~5のいずれかに該当する旨を申告することで、窓口での支払いは不要です。

1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした旨
2.主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨
3.主たる生計維持者の行方が不明である旨
4.主たる生計維持者が事業を廃止し、又は休止した旨
5.主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨 一部負担金の支払いが猶予されるのは、災害救助法の適用市町村に住所を有する方であって、次の保険者に加入されている方です。

・災害救助法適用市町村の市町村国保及び災害救助法適用の市町村が所在する府県の後期高齢者医療
・協会けんぽ、一部の健保組合など
介護保険の利用料についても、同様の免除措置があります。

この取扱は、平成30年10月末までです。
   
   
    

2018-08-01 11:34:00

コメント(0)

西日本豪雨で被災された方へ 装置の無償再製 及び処置料の免除について

このたびの西日本豪雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。

当院ではこのたびの豪雨で被災された方への治療費の減免や支払い期限の延長を実施いたします。
被災された方は各市町村に罹災証明書を申請の上、お申し出ください。被災状況に応じて当面、以下の被災程度に応じて治療費の 支払い期限の延長または免除を実施します。

また、治療装置や保定装置を紛失された方は無償にて装置の再製をさせていただきます。
処置時間は歯形をとるのに、10分程度必要ですが、できるだけ優先的にご予約をお取りしたいと思います。お忙しいとは存じますが、これまでの治療を無駄にしないためにもできるだけ速やかに装置を再生する必要がありますので、お早めにお申し出ください。




治療費の減免および支払い期限の延長

罹災証明による被災区分が全壊・大規模半壊・半壊の方

      年内の処置料免除及び、矯正料金の年内の支払期限延長


罹災証明による被災区分が一部損壊の方

      矯正料金および処置料の年内の支払期限延長







 

2018-07-09 14:36:26

コメント(0)

2018年 7月 ベストストスマイル・オブ・ザ・イヤーについてのお知らせ

今月は少し残念なお知らせです。
毎年恒例の『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー』ですが、本年度はフォトコンテストの部門の開催の目処がたたないようです。

『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー』は、『「いい歯で、いい笑顔」を日本中に。』をキャッチフレーズに、社団法人日本歯科医師会が、8020運動の一環として、また、歯科医療への正しい理解促進を図ることを目的に実施しているキャンペーンです。

コチラのキャンペーンでは毎年、「とびきりの笑顔」の写真を募集するスマイルフォトコンテストと、全国の日本歯科医師会会員が「笑顔が素敵な」著名人を選ぶ部門があり、毎年11月8日に各部門の授賞式が行われております。
本年度は「笑顔が素敵な」著名人の部門は例年通り行われるようですが、フォトコンテスト部門は現時点では開催が未定とのことで、今後、急遽開催が決定する場合は随時告知するそうです。
毎年楽しみにされていた皆様には申し訳ありませんがご了承ください。

尚、先月ご案内いたしました、ブレーススマイルコンテストのほうは例年通り開催されており、まだまだ、応募期間に余裕がありますので、ご応募お待ちしております。
 

 

2018-06-23 16:35:21

コメント(0)

2018年 6月 ブレーススマイルコンテストのお知らせ

今年も恒例のブレーススマイルコンテストの季節になりました。
今回のテーマは『笑顔いっぱい!矯正歯科治療楽しんでます!』です。矯正歯科治療でキレイな歯並びになっていく皆さんの"笑顔いっぱい"の写真を募集します。
同コンテストは、矯正歯科治療中の方を対象にした笑顔のフォトコンテストで、矯正歯科治療中の方がより前向きに治療に取り組んでいただくことを目的として、日本臨床矯正歯科医会が2005年より実施し、今年で14回目になります。昨年も全国からたくさんの作品が寄せられました。  
なお、ブレーススマイルコンテスト最優秀賞と優秀賞受賞者には賞金5万円と、豪華副賞が贈呈されます。
その他入賞者全員にQUOカード5000円を贈呈されます。皆さん是非奮ってご参加ください!募集要項については、以下をご参照ください。



『第14回ブレース スマイル コンテスト 募集要項』

テーマ
『笑顔いっぱい!矯正歯科治療楽しんでます!』
募集期間
2018年6月1日(金)から9月15日(土) ※締切日必着


応募条件

・応募者が矯正歯科治療中の方。応募者のブレース(矯正装置)がはっきりと写っていること。受賞の対象となるのは応募者のみとなります。(被写体は複数人数可)
・今後日本臨床矯正歯科学会、日本矯正器材協議会が行う矯正歯科治療の啓発活動にご協力いただける方
・応募はお一人につき1点のみとさせていただきます。
  *複数名でのご応募は不可とします。


応募方法

デジタル写真データ、または、プリント写真
<デジタル写真データの応募方法>
日本臨床矯正歯科医会のホームページ(http://www.jpao.jp/smile/)からご応募ください。
  (応募受付は6月1日より開始します。)
・データサイズ 1MB以上2MB未満
<プリント写真の応募方法>
・写真はカラープリント(サービス判から2Lサイズまで)のみです。記録媒体の郵送は不可。
・写真の裏面に応募者の名前を記入してください。
・以下の必要事項を別紙に明記し(書式自由)、写真と同封してご郵送ください。

【必要事項】
応募者氏名(フリガナ)/年齢/郵便番号/住所/電話番号/メールアドレス(メールアドレスをお持ちでない場合は記載の必要ございません)/治療医院名/治療医院電話番号/治療開始年月日/募集を知った方法〈医院、メディアなど〉/写真のタイトル/矯正歯科治療を経験した感想。歯並びと笑顔についてのコメント〈~100字程度〉

【郵送先】 〒116-0013 日本郵便荒川支店 私書箱22号
第13回ブレーススマイルコンテスト応募事務局
※応募作品はご返却しません。
※ご応募いただいた作品から入賞12作品(予定)を選出後、下記の各賞を選考します。
★最優秀賞(1名) ★優秀賞(1名) ★大会賞(1名)、他


賞・賞品

★最優秀賞  (1名)
賞金5万円と副賞(JTBギフトカード5万円分)
★優秀賞   (1名)
賞金3万円と副賞(最優秀賞と同じ)
★大会賞
賞金2万円
★最優秀賞、優秀賞、大会賞以外入賞者全員に5000円分のQUOカードを贈呈


受賞者発表

2018年10月に日本臨床矯正歯科医会ホームページ等で入賞12作品を発表予定
2018年12月に日本臨床矯正歯科医会ホームページ等で各賞発表予定
(日本臨床矯正歯科医会ホームページ http://www.jpao.jp)
※12月の各賞発表後、最優秀賞、優秀賞、大会賞受賞者の皆様には、2019年2月20日(水)実施予定の表彰式へのご招待のご連絡をさせていただきます。またその他の受賞者の皆様にもご招待のご連絡をさせていただく場合がございます。


注意事項

※応募作品(写真タイトル、応募コメントを含む)の使用及び著作権は日本臨床矯正歯科医会に帰属し、当会の書籍などの出版物やウェブサイト、PR・プロモーションのために使用させて頂くことがありますので、あらかじめご了承ください。なお、応募作品は返却いたしません。
※応募作品を当会の出版物やウェブサイト、PR・プロモーション活動等に使用する場合、必要に応じ画像のトリミングや色調の補正等の加工を行う場合があります。
※第三者の権利(著作権、肖像権など)を侵害する作品は応募できません。応募作品に著作権や肖像権の問題が発生しましても、当会はその一切の責任を負わないものとし、その責任・解決はすべて応募者に帰属するものとします。
※入賞作品(写真タイトル、応募コメントを含む)は、当医会の広報発表資料や主催する催し、広報誌や作品集等の出版物、ポスター・チラシ、ウェブサイト等で使用する場合があります。作品の使用にあたっては、入賞者の氏名や年齢、居住都道府県の表示を行う場合があります。
※応募に関する個人情報は、本コンテストに関連する業務(賞の発表や連絡を含む)、ウェブサイトや書籍等へのご協力を確認する連絡以外には使用いたしません。


主催

・公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会
・日本歯科矯正器材協議会


問い合わせ先

日本臨床矯正歯科医会 第14回ブレーススマイルコンテスト応募事務局
E-mail:brace-smile@jpao.jp
ブレーススマイルコンテスト ホームページ:http://www.jpao.jp/smile/

2018-05-25 15:10:57

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5